スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからが本当の意味での「市民球団」の始まりだ

公式HPから引用
水戸ホーリーホックサポート募金実行委員会より寄付金受贈のお知らせ 2011年10月12日(水)20時30分

本日10月12日(水)、水戸ホーリーホック募金実行委員会より寄付金を贈呈いただきましたので、下記の通りご報告させていただきます。
【水戸ホーリーホックサポート募金 ¥10,405,031】
※水戸ホーリーホックサポート募金
水戸ホーリーホックの経営支援のため。『水戸ブルー 夢をかたちにプロジェクト』のワーキンググループメンバーを中心に、『水戸ホーリーホックサポート募金実行委員会』を立ち上げ、本年7月1日からの約3カ月、募金活動を実施。
■水戸ホーリーホックサポート募金実行委員会 実行委員長 横須賀 満夫様コメント
「募金活動にご尽力下さった方々、善意を寄せてくださった皆様に厚く御礼申し上げます。今回募金を通じてたくさんの方々にホーリーホックへの関心を持っていただけたと思います。その方々が 強烈なファンになってくれると信じています。市民の皆様の情熱をホーリーホックに届けられる喜びを感じております。ホーリーホックには、この募金を経営の健全化の一助としていただき、市民のために頑張っていただきたいと思います。」
■株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック 代表取締役社長 沼田邦郎コメント
「まず今回の募金を通じて、ホーリーホックをご支援くださった皆様にクラブを代表して深く御礼申し上げます。ご支援くださった約5,400名の方々ひとりひとりに御礼申し上げたいところではありますが、より強くなり、より地域に根ざすことで恩返しをしていきたいと思います。」
(引用ここまで)


東京新聞から引用
J2ホーリーホック 水戸市が出資へ 「黄門」に次ぐシンボルに 2011年10月7日

 水戸市がサッカー・Jリーグ2部(J2)の水戸ホーリーホックに出資することが六日、分かった。出資額は五百万円で、十二月の市議会定例会に提出する一般会計補正予算案に盛り込む方針。同市は周辺八市町村にも出資を呼びかける予定で、それが呼び水になり新たな民間スポンサー獲得も期待できる。存続危機にあるホーリーホックの経営強化を図るとともに県央のクラブとして広く地域に愛されるようバックアップする。 (永山陽平)
 水戸市の高橋靖市長は取材に「Jリーグのクラブは全国約千七百の自治体に三十八しかない。持ちたくても持てないのだから貴重。県央の活性化や教育に役立てたい」と出資理由を説明した。また、市のイメージアップに貢献してきたTBSの長寿番組「水戸黄門」が年内で放送終了することを念頭に「両方をつぶすわけにはいかない」と強調。笠間市、ひたちなか市、那珂市、小美玉市、茨城町、大洗町、城里町、東海村にも百万~二百万円の出資協力を求めるという。
 ホーリーホックは一九九七年、FC水戸とプリマハムFC土浦(土浦市)が合併して誕生し、当初から経営難が続いていた。観客動員数は、ほぼ毎年リーグ最下位。昨年度の営業収入は約三億六千万円で、J2平均(約九億二千万円)の三分の一しかない。クラブ発足時、水戸市との間で「財政支援を求めない」と確約書を交わした経緯などから市や地元企業との関係が良好と言えず、スポンサーの獲得で苦戦してきた。
 クラブの総負債は二〇一〇年度末で一億一千七百万円。市が株主となる利点について、ホーリーホックの沼田邦郎社長は「営業に行くと『市が応援していないのだから応援できない』と言われてきた。それが変わるのでは」と期待を寄せる。
 ホーリーホックはJリーグの「公式試合安定開催基金」から三千万円を借りており、返済期限は今月末。クラブの存続危機が叫ばれていたが、沼田社長は「寄付金などで返せるめどがついた」と話す。近いうちに第三者割当増資を実施予定で、資本金は現在の五千二百万円から水戸市の出資なども加えて約一億円になる見込み。
 スポーツ経済学が専門の関西大大学院・宮本勝浩教授は自治体がクラブの株主となることについて「一企業のために税金を使っていいのかという議論はあるだろうが、地域活性化や観光面で元は取れる。メリットの方が大きい」としている。
 現在Jリーグでは1部の十八チームのうち十チーム、2部の二十チームのうち十三チームが自治体からの出資を受けている。
(引用ここまで)


この2つの記事を読んで、クラブ創立の経緯を覚えている一人としては隔世の感を禁じ得ない。水戸ホーリーホックとは一個人が水戸市に相談もなく廃部が決まった土浦市の企業チームを引き取って発足したという経緯から、水戸市にとっては「招かれざる客」であった。この発足時のボタンの掛け違いがその後のクラブの発展を阻害させてきたことは間違いなく、「あの時もう少し色々なところに根回しをしておいてくれれば」と思ったことは2001年の存続危機の時をはじめ何回もある。

クラブは今までバックに大企業がついていない、母体となる企業がないという意味で「市民球団」というフレーズを使ってきた。しかし、管理人は、「市民球団」とは素直に読めば市民の支持によって成り立っているという意味であり、水戸市をはじめとする自治体や地元企業の多くから支援を受けることができないでいるうちは「市民球団」というフレーズを使うのは違うのではないかと考えてきた。
今回の記事を読んで、クラブが設立から14年目にしてようやく「市民球団」と名乗っても違和感がなくなったような気がする。

ただし、今回の寄付金や自治体からの支援を得たことで、今後即順風満帆ということにはならないだろう。経済情勢が厳しいのは全く変わらないし、福島第一原発事故の風評被害は茨城でも甚大なものがある。レクリエーションに位置づけられるJリーグの観客動員は、経済情勢の厳しさや大震災後の自粛ムード、原発事故による放射線の拡散による外出への警戒感などからか、どのチームも昨年に比べて苦戦している。「寄付金が1千万円集まったから(これはこれですごいことだが)」、「水戸市が500万円出資することを決めたから」、即観客動員やスポンサー獲得が右肩上がりになるということはないだろうし、クラブもそうは考えていないだろう。だが、社長のコメントにもあるように、今までは門前払いだった企業にも話を聞いてもらえる可能性は出てきた。頑張って欲しい。

また、東京新聞の教授のコメントにもあるが、水戸市が出資するということは税金を私企業に投入することであるので議論のあるところであり、また今まで水戸ホーリーホックに無関心だった人々が関心を向けてくれるメリットもある一方、税金の投入先として厳しい目で見る人々が増えるということも意味する。記事によれば10月末日が期限となっているJリーグへの3千万円の返済の目処は立ったようであるが、今後経営問題が出てくるようなことがあればクラブだけでなく水戸市にとっても大問題となる。札幌や仙台では過去に経営危機が表面化した際、出資自治体が大騒ぎとなった実例もある。札幌や仙台に比べると水戸市の出資額は少額であるが、公金を投入される以上は金額の大小にかかわらずクラブは経営状態だけでなく会社全般が厳しい目で見られるということだけは忘れないで欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

共に進もう一歩ずつ!みんな笑顔で!

大震災のための中断期間後初のゲーム,徳島戦が昨日行われた。管理人もなんとか観戦することができたが,試合前顔見知りの人達と地震の話をすると怪我もなく再会できたことが奇跡の様な大変な経験をした人もおり,改めて大震災の怖さを思い知らされた。
今日は携帯で何枚か写真を撮ってきたので,ご覧いただきたい。

試合開始前の水戸ゴール裏
徳島戦その1
左から「がんばろう茨城 期待 夢 元気をのせて」
「水戸 鹿島 気持ちは一つ復興茨城」(国立では鹿島 水戸 気持ちは一つ復興茨城」が鹿島ゴール裏に掲げられた)
「支援をしてくれた全ての皆様に感謝」

試合開始前の徳島ゴール裏
徳島戦その3
「水戸と共に仲間と共に最後まで闘うぞ」のメッセージが掲げられた。また,徳島サポから「FC水戸!」コールが,それに応える形で水戸サポから「徳島ボルティス!」コールがあり,スタジアムは拍手で包まれた。

試合に関しては,何も言うことはない。前半FKを直接決められ風下だったこともあり全くゲームを作れなかったが,後半岡本のヘディングシュートで同点,後半ロスタイムに常盤のミドルで逆転と,まるでドラマの様な展開であった。
徳島戦その4

試合後,一度選手がベンチに引き揚げたのでなんだろう?と思っていたら,メッセージを書いたシャツを着てあいさつに来てくれた。メッセージはタイトルの「共に進もう一歩ずつ!みんな笑顔で!」
徳島戦その5
徳島戦その6

バックスタンドから見るとメインスタンドの避雷針が3本曲がっていたほか,屋根を支える鉄骨が歪んでいるところがいくつか,それと照明がてんでばらばらの方向を向いていることが確認できた。一日も早い復旧を願わずにはいられない。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

駐車場問題再び

今日サポーターズクラブ会員向けのメールでPSM柏戦についての案内が来たのだが、昨年まで「雨が降ると車が動かなくなる」と不評だった第1駐車場が今年はサブグラウンド工事のため使えないという。
管理人は近所ということもあり第1駐車場に防護ネットを設置する工事をしていることは見て知っていたが、まさか600台収容のスタジアム常設最大駐車場だった第1駐車場が完全に使えなくなるとは思っていなかったのでびっくりしている。

ただでさえ完全な車社会の茨城では駐車場不足が観客動員に悪い影響を与えることは自明の理であり、なおかつ今季は経営危機を脱出するためにも観客の大幅増が求められているにもかかわらず、肝心の駐車場がないのでは非常に大きなハンデである。

駐車場問題についてはこのブログで何回か触れてきたが、これに関してはクラブ単独でどうこう出来るものではない。水戸市議会でもKsスタの駐車場問題について質疑があったが、我々に残された時間は決して長くはない。スタジアム設置者である水戸市の速やかな対応をお願いしたい。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

2011シーズン新体制発表そして・・・

水戸市で6cmの積雪を記録した今日、2011シーズンの新体制発表が行われた。
12名の選手がチームを離れ新たに10名の選手を迎え相変わらず出入りの激しい動きとなってしまったことは、正直とチームの方向性の継続という観点やせっかく親しみを持った選手がすぐにいなくなってしまうことによる心理的なマイナス面は否定できないが、新たに加わった選手と昨年からの契約を更新した選手とがうまく融合し今年こそはスタートダッシュを果たして欲しいものだ。

また、今年は久しぶりに袖スポンサーについて頂くことができた。「シーケル」は茨城ゴールデンゴールズのスポンサーでもあるので、これは「ワースト脱出大作戦」効果かもしれない。人材派遣業ということでサポーターが気軽に利用するというのもなかなか難しいが、末長いお付き合いができれば、と思う。

さて、この新体制発表では残念な発表もなされた。以下、公式HPを引用する。

(引用ここから)
弊クラブは、Jリーグの『公式試合安定開催基金』の借入申請を行うことを決定し、本日(1月16日)、発表させていただきましたのでお知らせいたします。

 日頃より水戸ホーリーホックへのご理解、ご支援を賜り厚く感謝を申し上げます。
 弊社は2000年にJ2に入会して以降、Jリーグ百年構想や「人が育ち、クラブが育ち、水戸が育つ」という理念に基づき、クラブを運営して参りました。
 しかしながら、世界的な不況を反映したスポンサー企業の撤退や、選手の移籍金制度の撤廃などにより、弊社の経営状況は非常に厳しい現状にあります。2009年度のJ2クラブの営業収入の平均が約9億6千万円であるのに対し、弊社は4億1千万円と、Jリーグ36クラブ中最も少額でした。
 そこで弊社は、2010年度、Jリーグのスポーツ振興投票対象試合安定開催特別会計(toto基金)から3000万円の借入れを行ないました。その返済期限が1月末に迫っていますが、返済が不能な状況であります。そのため、返済金の3000万円をJリーグの「公式試合安定開催基金」に振り替え、運営を継続していく決断をいたしました。なお、この「公式試合安定開催基金」の返済期限は2011年10月31日(期日一括返済)となっております。
 この公式試合安定開催基金返済に向けて、弊社は下記の経営改善計画を柱に行動してまいります。

①資本増強施策の実施 出資依頼先の選定
②広告料収入の増加 スポンサーの獲得強化
③入場料収入の増加 観客増員の強化
④後援会組織の発足
⑤役員の体制強化
⑥Jリーグクラブライセンス制度の導入に伴う体制の確立

 本日の新体制、新加入選手の発表という門出の日に、このような辛い、厳しい発表をすることは大変遺憾であり申し訳なく思います。クラブ関係者一同は、この現実を真摯に受けとめ、水戸ホーリーホックが真の市民クラブとして市民の皆さんから愛され、誇りに思っていただけるよう懸命の努力を続けていきたいと思います。そこで、地域の街づくりに寄与するため、これまで以上に、幼児期からの一貫した育成や多様なスポーツを楽しむ環境の整備、また、社会貢献事業などを積極的に実施してまいる所存であります。
 つきましては、この危機的な状況を脱して、クラブが更に大きく飛躍するためにも多くの皆様方のご理解を頂き、ご支援賜りますよう切にお願い申し上げます。

株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック
代表取締役社長 沼田邦郎
(引用ここまで)

社長のコメントにもあるとおり、華々しい晴れの日にこのような厳しい発表がなされたことは残念であるし、一部ネット上では「番組効果で昨年よりスポンサーが増える」という話しが出ていたので、この発表は大変厳しい現実を突きつけるものとなってしまった。
簡単にいえば10月末日までに3,000万円を返さないと来季のJリーグでの活動に赤信号が灯るということであるから、今季はかなり収入を増やさなければならない。
しかし、経営改善計画として6項目が挙げられているが、①~③は今までも苦労を重ねているがなかなか実を結んでいないものであり、特効薬があるわけではない。

④についてはこの文面だけではどういうものなのか判断が尽きかねるが、会社の後援会というのはどういうものなのだろうか。クラブへの財政支援団体としては既に「支援持ち株会」がある(最近の活動が全く見えてこないのは不満であるが)ので、これとの色分けをしないといけないのではないか。

⑤は常勤の役員を増やすという意味なのか、Jリーグに再び役員待遇での出向者を求めるという意味なのかが判然としないが、管理人としてはクラブの非常勤役員として現在も参画している水戸市や茨城県の財界に一定の影響力を持っている方から、もう少し協力を頂けないかと常日頃思っている。本業が忙しくて本人が頻繁にクラブに顔を出すことが難しい状況なのは理解しているが、クラブの社員の勤続年数が大変短いという現状から、営業のノウハウを持った人材を送り込んでいただけたらなあと思うことがある。

2001年の存続危機から10年経つにもかかわらずクラブの経営体質が強化されなかったことは大変残念であるし、あの時「存続させる会」の立ち上げから参加し仕事やプライベートを犠牲にしながら署名活動に奔走した者としては「この10年一体何をやっていたのか」という思いもある。秋頃にまた存続危機にならないようクラブには上記6項目をしっかりやって欲しいし、自分も出来る範囲でクラブの収入増に貢献したいと思っている。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

1万人観客動員を達成して

スタジアムが徒歩で行ける範囲にあるにもかかわらず家庭の事情で数か月スカパー観戦を強いられ、今日こそはと思っていたが体調不良で地デジ観戦となってしまった今日の試合、TVで最初にバックスタンドが映った時は空席が映っていたので正直1万人はいないように見えた。だが、思った以上にメインスタンドが埋まっていたのであろう、公式入場者数はクラブ史上初の1万人越えとなる10,181人を達成した。TVでも歓声やため息、バルーンスティックの音量に大観衆を感じることができた。今日のこの試合のために本当にいろいろな努力を積み重ねてきた全ての人達に感謝したい。

しかし、肝心の試合は1-4で大敗という結果になってしまった。昨年のこけら落としの仙台戦に比べれば内容は比較にならないくらい良かったと思うが、プロは結果がすべて。今日初めて水戸の試合を見た人も多くいたはずで、その人たちをリピーターにできる試合ができたか?そう考えると残念である。

今日は現地に行っていないのでインターネットをざっと見た感じではあるが、駐車場問題や試合後の50号バイパスまでの渋滞問題は改善されたとは言えないようだ。昨年の仙台戦、湘南戦、PSMの鹿島戦、今年の福岡戦、千葉戦、そして今回の柏戦、観客が多い試合だと必ず出てくるこの2つの問題は、「ホスピタリティ(もてなし)」という観点からは、試合内容と同じくらいリピーターを増やせるかどうかの大きな問題であるといえる。
クラブだけで対応できない課題であるのは十分承知しているが、関係機関との連携を深めて少しでも解消に向けて努力してほしいものだ。
例えば、2ちゃんねるの水戸スレに書いてあったと思うのだが、シャトルバスにもっと乗って欲しいのならば多くの駐車場がある千波湖畔に車を停めてもらい(バス停としては「千波湖」が適当か)シャトルバスを利用するという新ルートを走らせてはどうかという意見があった。管理人は関東鉄道水戸営業所のバスの台数などの細かいことは知らないので実現可能性がどれくらいあるのかは知らないが、これはいいアイデアだと思う。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

プロフィール

小吹の息吹

Author:小吹の息吹
ようこそいらっしゃいました!
このブログは水戸ホーリーホックの単なるファンサイトではなく、建設的な意味での批判を含めた叱咤激励の私見を綴っていきます。
賛同・異論・反論をおまちしております。なお、特定の個人に対する誹謗・中傷等は厳禁です。
2009.01.17 OPEN
2009.06.01 さっかりんに登録
2009.06.24 1,000カウント
2009.08.17 2,000カウント
2009.09.27 3,000カウント
2009.10.04 拍手機能追加
2009.11.02 4,000カウント
2009.11.06 5,000カウント
2009.11.09 6,000カウント
2009.11.10 7,000カウント
2009.12.01 8,000カウント
2009.12.30 9,000カウント
2010.02.14 10,000カウント
2010.03.27 11,000カウント
2010.05.07 12,000カウント
2010.08.?? 13,000カウント
2010.11.22 14,000カウント
2011.02.27 15,000カウント
2011.06.09 16,000カウント


アフィリエイト・SEO対策













旅ポケドットコム






国内格安航空券サイトe航空券.com



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。