スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム力の底上げが必要

なぜこの時期に次節の対戦チームと練習試合をやるのかはよくわからないが、日曜夕方だったので見学してきた。
スコアやメンバーについては公式に書いていないので(これも理由が分からない。そもそも広報担当は来ていなかった)書かないこととするが、見ていて痛感したのはトップチーム・ベンチ入りメンバーと非ベンチ入りメンバーの差。選手層の薄さを感じざるを得なかった。

現在チームはJ2昇格後最高の成績であり、一部ファンからは昇格という言葉も出てきているが、現在の選手層では最後の昇格戦線に生き残るのは正直難しいのではと思える。
長丁場のJ2ではチームのキーマンが出られない試合が必ずある。今年も荒田の長期離脱があった。第3クールまで昇格争いを窺える状況だったとして、キーマンが出られない試合には代役として活躍できる選手が絶対に必要となるのだが、昇格争いというのは上位チームの選手であっても多大なプレッシャーがあるもの。そのような状況を経験したことのない水戸の選手がプレッシャーに耐えられるのか、正直疑問なところがある。ましてや、普段ベンチ入りで来ていないメンバーが代役として起用された際にベストなプレーをすることができるのだろうか。
ベンチ入りできない選手には何か理由があるはず。昇格争いに絡んでいくためにも、腐ることなく練習してほしい。
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

荒田復活!

きょう夕方から中央大学との練習試合がホーリーピッチであったので見に行ってきた。
先ごろ全体練習に復帰した荒田が出るのか?というのをこの目で確かめたかったからだ。

会場に着いたのはすでに前半途中だったが、荒田はアップはしているものの出るかどうかは何とも言えない感じだった。しかし、学生に終始押されるプロとしては失格ものの前半を終えるころにはアップもほぼ終了したようで、後半15分頃、拍手に包まれながら背番号9が久しぶりにFWの定位置に戻ってきた。
手元の集計では出場は29分くらい、シュートは2本、うち枠に飛んだのは1本だった。
印象としてはまだ先発は厳しいかなと思うが、動き出しの良さはすでに元に戻ってきつつあるように見えた。新聞報道では復帰は1日の栃木戦となっているが、その前の復帰もあるのではなかろうか。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

市立競技場の様子

改築中の市陸の工事がほぼ終了したようなので撮影してきた。

管制したビジョン
今回の目玉と言える大型映像装置。すでに完成している。
よく見ると、基礎工事の関係でアウェイ側ゴール裏が半分くらい崩されている。

メインスタンド中央部
メインスタンドの中央部アップ。椅子は個席だが背もたれがないのがちょっと残念。

backstand
バックスタンド中央部アップ。よく見ると真中に通路がある。

また、競技場入り口では多目的広場の工事が始まっていた。工期は10月10日までとのことなので、おそらく臨時駐車場に使われるのだろう。


テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

水戸市立競技場ネーミングライツ募集

今日(7月10日付)で水戸市のHPに新市陸のネーミングライツ募集が掲載された。
いろいろ細かい規定があるが、年間2,000万円以上で5年間(優先更新権あり)で「水戸」の文字を入れるのが条件となっている。
ネーミングライツの噂は以前から聞いていたし他会場で採用例がかなりあり、今更驚くことではないかもしれないが、水戸サポ的には当然ケーズまたは水戸証券に応募して頂きたいところだ。
ケーズの場合だと社名に水戸が入らないので社名の前か後ろに「水戸」をつけるのだろうか、などと楽しい想像をしてしまう。
管理人の予想(というか希望)は「水戸ケーズデンキスタジアム」。果たしてどうなるだろうか。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

前半戦を振り返って

51試合という長丁場のJ2も今日の第26節で折り返し点を迎えた。
そこで、今年の前半戦を振り返ってみよう。
・成績:7位(勝点42)12勝6分け8敗 41得点40失点得失点差+1
1月21日の記事で「J10年目のチームとしては8位以内という目標は寂しい」と書いたが、その気持ちは今も変わらない。しかし、結果として7位という成績を残すことが難しいことも実感している。
・観客動員:最下位09シーズン平均2,344人、08シーズン平均3,044人(-700人)
       観客合計 30,474人(ホーム13試合消化)
これはもう言うまでもない。目標だった1試合平均5,000人の話はどこへ行ってしまったのだろうか?
目標を掲げた以上、「平日だから」「雨だから」「ひたちなかだから」などという言い訳をフロントにはしてほしくない。こけら落とし以外の市陸が満員になる保証などどこにもない。
ただ、平日ワンコイン企画や市民マンセキ大作戦など、手を打っていないわけではないのでその成果が表れるといいのだが…

・営業面
(1)ピッチ看板が一向に増えない。いつの間にかケーズデンキが「トップスポンサー」になっている。
(2)HPを見るとオフィシャルスポンサーが少しづつ減っている。契約更新ができなかったのだろうか。
(3)サポートシップスポンサーも一時は100社を超えていたのに70社台まで減ってしまった。
→営業は苦戦しているようだ。仮にケーズデンキがスポンサーを辞めたら即資金難に陥りそうだ。FC岐阜を気にしている場合ではないのかもしれない。

・後半戦に向けて
とにかく怪我人が戻るまで現在の順位をキープしてほしい。新人事で非常勤ながら茨城新聞の役員が取締役として入ったので、今後茨城新聞の扱いが大きくなる可能性がある。その時に上位争いをしているようであれば、3,000人前後はコンスタントに入るのではないか。
しかし、茨城県は地元紙の購読率が全国平均に比べて異常に低いという問題がある。このため、試合日程の告知は地道にやってほしい。HPで試合日程を確認してもらうという発想は捨て、駅前でのチラシ配りなどの地道な努力が今こそ求められていると思う。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

パブリックビューイング

昨日の札幌戦のPVがひたちなかと笠間で行われたが、選手が登場するということでどうやら笠間の方が観衆は多かったようだ。
試合内容も良くも悪くも白熱したうえに勝利を収めたので、どちらの会場もなかなかの盛り上がりだったという。
PV自体は初めてではないが、やはり選手(特に本来なら試合に出ていているはずの荒田選手)と一緒に試合を見るというのは、ウチらしいというか、ウチにしかできないかもしれない。
これからもアウェイゲームの度にゲスト選手を登場させてやってほしいものだ。

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

プロフィール

小吹の息吹

Author:小吹の息吹
ようこそいらっしゃいました!
このブログは水戸ホーリーホックの単なるファンサイトではなく、建設的な意味での批判を含めた叱咤激励の私見を綴っていきます。
賛同・異論・反論をおまちしております。なお、特定の個人に対する誹謗・中傷等は厳禁です。
2009.01.17 OPEN
2009.06.01 さっかりんに登録
2009.06.24 1,000カウント
2009.08.17 2,000カウント
2009.09.27 3,000カウント
2009.10.04 拍手機能追加
2009.11.02 4,000カウント
2009.11.06 5,000カウント
2009.11.09 6,000カウント
2009.11.10 7,000カウント
2009.12.01 8,000カウント
2009.12.30 9,000カウント
2010.02.14 10,000カウント
2010.03.27 11,000カウント
2010.05.07 12,000カウント
2010.08.?? 13,000カウント
2010.11.22 14,000カウント
2011.02.27 15,000カウント
2011.06.09 16,000カウント


アフィリエイト・SEO対策













旅ポケドットコム






国内格安航空券サイトe航空券.com



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。