スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011シーズン新体制発表そして・・・

水戸市で6cmの積雪を記録した今日、2011シーズンの新体制発表が行われた。
12名の選手がチームを離れ新たに10名の選手を迎え相変わらず出入りの激しい動きとなってしまったことは、正直とチームの方向性の継続という観点やせっかく親しみを持った選手がすぐにいなくなってしまうことによる心理的なマイナス面は否定できないが、新たに加わった選手と昨年からの契約を更新した選手とがうまく融合し今年こそはスタートダッシュを果たして欲しいものだ。

また、今年は久しぶりに袖スポンサーについて頂くことができた。「シーケル」は茨城ゴールデンゴールズのスポンサーでもあるので、これは「ワースト脱出大作戦」効果かもしれない。人材派遣業ということでサポーターが気軽に利用するというのもなかなか難しいが、末長いお付き合いができれば、と思う。

さて、この新体制発表では残念な発表もなされた。以下、公式HPを引用する。

(引用ここから)
弊クラブは、Jリーグの『公式試合安定開催基金』の借入申請を行うことを決定し、本日(1月16日)、発表させていただきましたのでお知らせいたします。

 日頃より水戸ホーリーホックへのご理解、ご支援を賜り厚く感謝を申し上げます。
 弊社は2000年にJ2に入会して以降、Jリーグ百年構想や「人が育ち、クラブが育ち、水戸が育つ」という理念に基づき、クラブを運営して参りました。
 しかしながら、世界的な不況を反映したスポンサー企業の撤退や、選手の移籍金制度の撤廃などにより、弊社の経営状況は非常に厳しい現状にあります。2009年度のJ2クラブの営業収入の平均が約9億6千万円であるのに対し、弊社は4億1千万円と、Jリーグ36クラブ中最も少額でした。
 そこで弊社は、2010年度、Jリーグのスポーツ振興投票対象試合安定開催特別会計(toto基金)から3000万円の借入れを行ないました。その返済期限が1月末に迫っていますが、返済が不能な状況であります。そのため、返済金の3000万円をJリーグの「公式試合安定開催基金」に振り替え、運営を継続していく決断をいたしました。なお、この「公式試合安定開催基金」の返済期限は2011年10月31日(期日一括返済)となっております。
 この公式試合安定開催基金返済に向けて、弊社は下記の経営改善計画を柱に行動してまいります。

①資本増強施策の実施 出資依頼先の選定
②広告料収入の増加 スポンサーの獲得強化
③入場料収入の増加 観客増員の強化
④後援会組織の発足
⑤役員の体制強化
⑥Jリーグクラブライセンス制度の導入に伴う体制の確立

 本日の新体制、新加入選手の発表という門出の日に、このような辛い、厳しい発表をすることは大変遺憾であり申し訳なく思います。クラブ関係者一同は、この現実を真摯に受けとめ、水戸ホーリーホックが真の市民クラブとして市民の皆さんから愛され、誇りに思っていただけるよう懸命の努力を続けていきたいと思います。そこで、地域の街づくりに寄与するため、これまで以上に、幼児期からの一貫した育成や多様なスポーツを楽しむ環境の整備、また、社会貢献事業などを積極的に実施してまいる所存であります。
 つきましては、この危機的な状況を脱して、クラブが更に大きく飛躍するためにも多くの皆様方のご理解を頂き、ご支援賜りますよう切にお願い申し上げます。

株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック
代表取締役社長 沼田邦郎
(引用ここまで)

社長のコメントにもあるとおり、華々しい晴れの日にこのような厳しい発表がなされたことは残念であるし、一部ネット上では「番組効果で昨年よりスポンサーが増える」という話しが出ていたので、この発表は大変厳しい現実を突きつけるものとなってしまった。
簡単にいえば10月末日までに3,000万円を返さないと来季のJリーグでの活動に赤信号が灯るということであるから、今季はかなり収入を増やさなければならない。
しかし、経営改善計画として6項目が挙げられているが、①~③は今までも苦労を重ねているがなかなか実を結んでいないものであり、特効薬があるわけではない。

④についてはこの文面だけではどういうものなのか判断が尽きかねるが、会社の後援会というのはどういうものなのだろうか。クラブへの財政支援団体としては既に「支援持ち株会」がある(最近の活動が全く見えてこないのは不満であるが)ので、これとの色分けをしないといけないのではないか。

⑤は常勤の役員を増やすという意味なのか、Jリーグに再び役員待遇での出向者を求めるという意味なのかが判然としないが、管理人としてはクラブの非常勤役員として現在も参画している水戸市や茨城県の財界に一定の影響力を持っている方から、もう少し協力を頂けないかと常日頃思っている。本業が忙しくて本人が頻繁にクラブに顔を出すことが難しい状況なのは理解しているが、クラブの社員の勤続年数が大変短いという現状から、営業のノウハウを持った人材を送り込んでいただけたらなあと思うことがある。

2001年の存続危機から10年経つにもかかわらずクラブの経営体質が強化されなかったことは大変残念であるし、あの時「存続させる会」の立ち上げから参加し仕事やプライベートを犠牲にしながら署名活動に奔走した者としては「この10年一体何をやっていたのか」という思いもある。秋頃にまた存続危機にならないようクラブには上記6項目をしっかりやって欲しいし、自分も出来る範囲でクラブの収入増に貢献したいと思っている。
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小吹の息吹

Author:小吹の息吹
ようこそいらっしゃいました!
このブログは水戸ホーリーホックの単なるファンサイトではなく、建設的な意味での批判を含めた叱咤激励の私見を綴っていきます。
賛同・異論・反論をおまちしております。なお、特定の個人に対する誹謗・中傷等は厳禁です。
2009.01.17 OPEN
2009.06.01 さっかりんに登録
2009.06.24 1,000カウント
2009.08.17 2,000カウント
2009.09.27 3,000カウント
2009.10.04 拍手機能追加
2009.11.02 4,000カウント
2009.11.06 5,000カウント
2009.11.09 6,000カウント
2009.11.10 7,000カウント
2009.12.01 8,000カウント
2009.12.30 9,000カウント
2010.02.14 10,000カウント
2010.03.27 11,000カウント
2010.05.07 12,000カウント
2010.08.?? 13,000カウント
2010.11.22 14,000カウント
2011.02.27 15,000カウント
2011.06.09 16,000カウント


アフィリエイト・SEO対策













旅ポケドットコム






国内格安航空券サイトe航空券.com



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。