スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6,069人

1万人プロジェクトで入場者数が注目を集めた福岡戦は朝方の雪(スタジアム周辺はうっすらではあるが積雪した)にもかかわらず6,069人の観衆を集めることができ、試合も「フロントが『サンクスマッチ』などで観衆を集めた試合だといつも勝てない」という悪い流れを1-0という結果を出して断ち切ることができた。

しかし、選手が試合後コメントで認めているとおり、試合内容は一方的に押し込まれる展開が続く「悪い試合」であったし、水戸の見せ場も数回しか作ることができず(逆に福岡の見せ場はすごく多かった)、沢山いたであろう初めてKsスタを訪れた人たちが満足してくれたかどうかはわからない。だが、得点シーン、そして試合終了のホイッスルが鳴った時の歓声は普段よりずっと大きなものであった。それだけでも今回の動員は意味があったと思う。というより、福岡戦を一つのターニングポイントとしなければならない。

今回の興行は営業的にはもちろん大赤字である。チケット収入はほとんどなかったであろうし、スタジアム売店の売り上げが伸びたにしてもチームに入るギャランティには限りがある。駐車場問題は相変わらずでスタジアム正門前で警備員に停められUターンする車が続出したし(これは警備員の配置場所を見直す必要があると思う)、無料券ということもありUターンしてそのまま帰ってしまった人達も恐らく沢山いたことだろう。

ただ、北九州戦の1,803人という数字から「もはや招待券を撒いても観客は増えないのではないか」という不安感がサポーターに出てきていた中で、やりようによっては一般市民の関心を引くことができるのだという答えが出たのも事実である。今後もホームタウン推進協議会主導で集客イベントは続けられることと思うが、今回の反省点をしっかり洗い出した上で次回に向けて対応してほしいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 水戸ホーリーホック
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小吹の息吹

Author:小吹の息吹
ようこそいらっしゃいました!
このブログは水戸ホーリーホックの単なるファンサイトではなく、建設的な意味での批判を含めた叱咤激励の私見を綴っていきます。
賛同・異論・反論をおまちしております。なお、特定の個人に対する誹謗・中傷等は厳禁です。
2009.01.17 OPEN
2009.06.01 さっかりんに登録
2009.06.24 1,000カウント
2009.08.17 2,000カウント
2009.09.27 3,000カウント
2009.10.04 拍手機能追加
2009.11.02 4,000カウント
2009.11.06 5,000カウント
2009.11.09 6,000カウント
2009.11.10 7,000カウント
2009.12.01 8,000カウント
2009.12.30 9,000カウント
2010.02.14 10,000カウント
2010.03.27 11,000カウント
2010.05.07 12,000カウント
2010.08.?? 13,000カウント
2010.11.22 14,000カウント
2011.02.27 15,000カウント
2011.06.09 16,000カウント


アフィリエイト・SEO対策













旅ポケドットコム






国内格安航空券サイトe航空券.com



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。